MacとEmacs
サムライファクトリーの平成コンビがお送りするWebサービスダイナシ
画像にコメントをつけて、ぜひ楽しんでください。
いきなりですが自分はvi愛好者です。いや、愛好者でした。
学生のときからずっと使い続け10年程になります。
Eclipseを使う時もviです(viPlugin)。20ユーロで購入しました。

ただ会社の人がtrampを利用してサーバーのスクリプトをローカルの設定で直接編集しているのを見て誘惑に負けました。
それにemacs使いって響きが玄人っぽくてちょっとした憧れがあったんだと思います。

しかし慣れないエディタを使うのは大変で大変で。。
特にemacsを使ってるとCtrlキーを押しながらの操作が多いので指がつりそうになります。なので会社にあまってたHappy Hacking Keyboard(日本語)に変えました。
サービスIN直前の忙しい時にあえて切り替えました。慣れないエディタとキーボード、刻々と近づくリリース日。充実した日々を送る事が出来ました。

スパルタ教育のおかげでemacsにも慣れてきたので、自宅のmacにもインストールすることにしました。

なんでも「homebrew」を利用すると簡単にインストールが出来るようです。yumみたいなもんですかね。

homebrewをインストールするのには、xcodeとjavaが必要らしいです。自宅のmacには既に導入済みでした。Lionからはapple storeでxcode4が無料で手に入るのですぐに用意出来るかと思います。

あとはシェル上でコマンドを叩きます。

ruby -e "$(curl -fsSLk https://gist.github.com/raw/323731/install_homebrew.rb)"

対話式なので適当に。これだけで準備完了です。

次にCocoa Emacsをhomebrewを使ってインストールします。

brew install --cocoa emacs


あとはアプリケーションに移動すれば完了です。

sudo mv /usr/local/Cellar/emacs/23.3a/Emacs.app/ /Applications/

ついでにhomebrewはバージョン管理にgitを利用しているのでかってにインストールされます。
あとはアプリケーションにあるEmacsアイコンをダブルクリックすれば利用できます。

Ctrl+SpaceがことえりのSpotlightの検索に割り当てられているので適当なショートカットにどかしておきました。たぶんいらないでしょ。使った事ないし。

emacsとか終了の仕方もしらねーYOな人も一度お試しあれ。

2011/10/16 22:55 | Comments(0) | TrackBack(0) | プログラム

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<TermExtractとMecabとperl | HOME | sakuraとmacとgit>>