ウルティマオンライン 出会い、そして別れ
サムライファクトリーの平成コンビがお送りするWebサービスダイナシ
画像にコメントをつけて、ぜひ楽しんでください。
前回のつづき

馬に乗った装備がイカツイ人(Aさん)は、いきなり俺のゾンビメイルを譲るように交渉してきました。
ネットゲーム初心者に交渉なんてハードルが高すぎます。
それにPKがないフィールドとはいえ、相手は何してくるかわからない状況なので予備のゾンビメイルを贈呈しました。

賄賂が功を制したのか相手が饒舌に語り始めました。なんでも、この世界では名のある方らしく引退とやらをするから思い出の地を回っている。そこでふとゾンビメイルがほしくなったと。
もはや言ってる意味が不明すぎてテレビを見ながら聞いていました。

しかも、ゾンビメイルをネタ装備呼ばわりしてきました。まったく失礼な人です。
あまりにも悲惨な装備に見えたのでしょう。装備一式を買ってきてくれました。しかも馬のおまけ付きです。
こんないい人見た事がありません。

その後Aさんの家に招待されました。なんでもこのゲームで家はすごい価値があるようです。馬は簡単に譲れるのに家は貴重と市場価格がよく解らない状態です。
たぶんAさんは自慢をすることが嫌いな性格なんだと思います。ただ、あまりにも食いつきの悪い自分に嫌気をさしたのか色々と語っていました。

ギルドにも誘われて、ホームページも教えて頂きました。当時ではけっこうセンセーショナルだったのかもしれません。
自分は「うぁ、この人マジや」と言葉に発しながら、キーボードは「すごいですねー」と打ち込む大人の対応。
執拗に勧誘されましたが後で連絡すると華麗にスルーしました。

まったくネットゲームとは意味の分からない世界です。一文の特にもならないのに装備一式をプレゼントし、いろいろと教えてくれます。しかもレベル上げまでお手伝いすると進言されました。

断っても断っても遠慮しないでと言われ仕方なくお願いする事に。いったいこの人に何の特があったのか。。。
レベル上げの方法はゴーレムみたいなモンスターを倒す事に。
装備がパワーアップしたけど触れたら瞬殺される攻撃力です。Aさんが攻撃を受けつつ少し離れた間合いからナイフでつっつきます。すこし間合いをあけることがミソらしくこちらにターゲットされないようです。

それから1時間ほど永遠にナイフをつっつくだけの作業が開始です。どんどんステータスは上がっていきますがまったくおもしろくありません。なんとか会話を試みるが共通の話題なんてありません。これほど苦痛だったのは一人も客の来ない喫茶店でアルバイトした時以来です。

次の日会社だったのでそろそろ引き上げようと話してみるも、もう少しがんばりましょうと拒否。
こいつ、、、何が目的なんだ。。。
こうなったら強硬手段。わざと間合いをつめてこちらが攻撃を受けるように操作ミスを装う作戦を決行しました。
案の定即死です。そして案の定蘇生されました。
魔法ではなく包帯で蘇生されました。その事についてさらに熱弁されました。
もう勘弁してください。。。最後の力を振り絞ってログアウト。
この瞬間あの苦痛な喫茶店のアルバイトでタイムカードを押したとき以来の快楽でした。

ネットゲーム。それは人と人がコミュニケーションをかわすバーチャル世界。
この世界を体験したことで、ちょっとした冒険心と多大なストレスを手に入れました。


2011/11/05 23:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | 思い出
ウルティマオンライン 旅立ちの日
サムライファクトリーの平成コンビがお送りするWebサービスダイナシ
画像にコメントをつけて、ぜひ楽しんでください。
そうあれはミレミアムを迎えるさなか、ネットゲームデビューを果たした物語。
当時東京めたりっくと契約したので前々から興味のあったウルティマオンラインのパッケージを購入して(たしか3Dになったやつ)冒険の地へ赴きました。

普通のRPGと違って決められた道しるべもなく、コンピューターなのかプレイヤーなのかすら区別出来ずにいました。

自分は人に役に立ちたいと思い鍛冶屋を目指す事にしました。
と、言ってもお金も知識もありません。
見習いは黙って雑魚モンスターを狩るのがRPGの王道。ナイフと一切れのパンをカバンにつめてモンスターを探しました。戦う鍛冶屋さんのデビューです。

スタート地点の街の近くに人が集まるエリアがありました。
たぶんここは「おいしい狩り場」だとピンときました。
ルーキーだからと言って遠慮することはありません。威風堂々とナイフを構えて獲物を待ちます。

やっと現れたモンスターはゾンビでした。
ちょw最初はスライムとかじゃないのwwせめて、おおがらすだろ・・・
さすがネットゲーム。今までの常識がまったく通じません。

ただ見た目程たいした事はなく、ヒット&ウェイ(死に戻り)でなんなく倒す事が出来ました。
すこしづつあぶく銭がたまっていくと、ゾンビメイルを手に入れました。
もうね。。。絶叫したね。近所迷惑だったね。
これはレアアイテムに違いない。だれも装備していないからね。
颯爽とゾンビメイルを装備してテンションUPで狩りを続けました。
相変わらずヒット&ウェイ(死に戻り)を繰り返していると、ひとつの疑惑が生まれました。
このゾンビメイルぱち物なんではないかと。。。そもそも最初の街にいきなりレアアイテムが手に入るのもおかしな話だ。そうこうしている間に2つめのゾンビメイルを手に入れました。

さらに狩りを続けていると馬に乗った装備がイカツイ人(Aさん)に絡まれました。

これが運命の出会いになるとは。。。

つづく


2011/10/18 00:55 | Comments(0) | TrackBack(0) | 思い出

| HOME | 次のページ>>