ウルティマオンライン 旅立ちの日
サムライファクトリーの平成コンビがお送りするWebサービスダイナシ
画像にコメントをつけて、ぜひ楽しんでください。
そうあれはミレミアムを迎えるさなか、ネットゲームデビューを果たした物語。
当時東京めたりっくと契約したので前々から興味のあったウルティマオンラインのパッケージを購入して(たしか3Dになったやつ)冒険の地へ赴きました。

普通のRPGと違って決められた道しるべもなく、コンピューターなのかプレイヤーなのかすら区別出来ずにいました。

自分は人に役に立ちたいと思い鍛冶屋を目指す事にしました。
と、言ってもお金も知識もありません。
見習いは黙って雑魚モンスターを狩るのがRPGの王道。ナイフと一切れのパンをカバンにつめてモンスターを探しました。戦う鍛冶屋さんのデビューです。

スタート地点の街の近くに人が集まるエリアがありました。
たぶんここは「おいしい狩り場」だとピンときました。
ルーキーだからと言って遠慮することはありません。威風堂々とナイフを構えて獲物を待ちます。

やっと現れたモンスターはゾンビでした。
ちょw最初はスライムとかじゃないのwwせめて、おおがらすだろ・・・
さすがネットゲーム。今までの常識がまったく通じません。

ただ見た目程たいした事はなく、ヒット&ウェイ(死に戻り)でなんなく倒す事が出来ました。
すこしづつあぶく銭がたまっていくと、ゾンビメイルを手に入れました。
もうね。。。絶叫したね。近所迷惑だったね。
これはレアアイテムに違いない。だれも装備していないからね。
颯爽とゾンビメイルを装備してテンションUPで狩りを続けました。
相変わらずヒット&ウェイ(死に戻り)を繰り返していると、ひとつの疑惑が生まれました。
このゾンビメイルぱち物なんではないかと。。。そもそも最初の街にいきなりレアアイテムが手に入るのもおかしな話だ。そうこうしている間に2つめのゾンビメイルを手に入れました。

さらに狩りを続けていると馬に乗った装備がイカツイ人(Aさん)に絡まれました。

これが運命の出会いになるとは。。。

つづく


2011/10/18 00:55 | Comments(0) | TrackBack(0) | 思い出

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<NginxとuwsgiとDjango | HOME | TermExtractとMecabとperl>>